水回りを慎重に考えよう

水回りが近くにあるメリット

間取りを考える時は、水回りを先に考えた方が良いです。
キッチンなどの水回りが近い位置にある間取りにすることで、メンテナンスが簡単になるというメリットが生まれます。
定期的にメンテナンスをしないと、不具合が生じる危険性があります。
ですが複雑な作りになっていると、メンテナンスが難しくなって費用も高額になります。
簡単な作りにすることは、メンテナンス代の削減に効果を発揮できます。

水を流す音が気にならないというメリットも生まれます。
リラックスしている時に、水の流れる音が聞こえると不快に感じると思います。
どこに水回りを集中させれば良いか考えて間取りを決めると、生活を送りやすい住宅になるので、いつでもリラックスできます。

デメリットを把握しよう

では水回りが離れていることで、どのようなデメリットが生まれるのでしょうか。
まず、メンテナンス用の点検口がたくさん必要になります。
メンテナンスのことは絶対に考えなくてはいけないので、点検が必須です。
点検口が増えることで、自分が考えていた希望を叶えることができないかもしれません。
無駄に点検口を増やさないためにも、水回りをまとめてください。

さらに、家事をしにくくなるというトラブルが起こります。
それは主婦にとって、死活問題でしょう。
水回りが近くにあることで、掃除がしやすいなどのメリットが生まれます。
家事を簡単にできれば、毎日綺麗な環境を維持できますね。
掃除はしやすいという部分も考慮して、間取りを決めましょう。


B!