家電や家具を設置するスペースを考える

家具を置く場所を決めておこう

ソファーやテーブルなど、置きたい家具がたくさんあると思います。
それらの大きさを先に調べることで、デザインを考える時に配置スペースを確保できます。
ある程度、家具を揃えておくことも準備に繋がります。
狭い部屋に家具をたくさん設置すると、人間が暮らせなくなります。
また購入した家具が大きすぎて設置できなくなったら、ずっと物置にしまっておくことになります。

新しい住宅が完成したのに、そんな結果になったらもったいないです。
家具のことを考慮して間取りを考えることで、最悪のトラブルを回避できます。
部屋の広さだけ決めて、満足してしまう人がいますがそれだけでは足りません。
注文住宅の計画を考えると共に、家具も揃えましょう。

コンセントの位置を決める

家電は、電気を使って動きます。
コンセントに繋げないと使えないので、家電を置く部屋には必ずコンセントを備えましょう。
特に家電を使うのは、キッチンです。
床にコンセントを備えることはもちろん、作業台の上にも3つほど準備しておくことをおすすめします。
するとミキサーなどの家電を使う時に、作業台の上で使えます。

コンセントの位置で、家電を設置する場所が決まります。
出入口の近くに大きい家電を設置すると、移動する時の邪魔になります。
家電の大きさを事前に調べて、邪魔にならないスペースを見つけましょう。
そこにコンセントを作れば、生活に悪影響を与えません。
コンセントが足りないというのが1番困るので、多めに作っても良いでしょう。


B!