間取りをしっかり考えよう

明るい住宅を目標にする

たくさん太陽が差し込んでくる住宅を、目標にしている人がいるでしょう。
土地を見学しに行くことで、太陽の入る位置を把握できます。
ですが、そこに何を置くかが重要です。
キッチンに窓を作るのは良いですが、食品を保管しているところに直射日光が当たれば、悪くなる可能性があります。
ブラインドなどをつければ、直射日光を遮れます。

風の通り道を知っていれば、涼しい住宅を作るのに便利です。
夏は暑くなって、冷房をたくさん使うかもしれません。
それが原因で、冷電気代が高くなることが考えられます。
自然の風を利用すれば、無料で涼しい環境を維持できます。
風が良く通る場所を知って、窓の計画を考えてください。
土地の特徴を理解しましょう。

部屋を広く見せる工夫

土地の問題で、広い住宅を作ることができないかもしれません。
ですが間取りを工夫することで、広く見せることができます。
窮屈な住宅では、リラックスすることができません。
部屋を見せるためには、大きな窓を作ることをおすすめします。
外の景色が見えていると、広く見えます。

しかし庭がごちゃごちゃしているとむしろ汚く見えるので、庭の整理をすることを忘れないでください。
リビングに大きな窓があれば開放感が生まれるので、土地は狭くても広く見せられます。
間取りを考える時はどんどん工夫して、少しでも良く見せてください。
またキッチンとリビングの壁をなくすことも、開放感を生む工夫になります。
極力壁をなくす意識を持ってください。


B!